PR

ニュース プレミアム

【プールサイド】汗がかけない 病抱える飛び込みの坂井 五輪内定1号目指す

4月の日本室内選手権で男子シンクロ板飛び込みを制した寺内(右)、坂井組。世界選手権では東京五輪の個人種目内定第一号の期待がかかる=東京辰巳国際水泳場
4月の日本室内選手権で男子シンクロ板飛び込みを制した寺内(右)、坂井組。世界選手権では東京五輪の個人種目内定第一号の期待がかかる=東京辰巳国際水泳場
その他の写真を見る(1/3枚)

 じわりと汗がにじむ、6月中旬の相模原グリーンプール。飛び込み日本代表の26歳、坂井丞(しょう、ミキハウス)は、アップもそこそこにプールでの飛び込み練習に取り掛かった。

 この日は、7月12日に韓国・光州で開幕する水泳世界選手権へ向け、寺内健(38、ミキハウス)とともに男子シンクロ板飛び込みの合同練習が行われた。3メートルの高さから2人がそろって飛び込み、難度や同調性を競う種目だ。しかし、寺内とともに約1時間ほど踏み切りのタイミングを合わせたところで、予定されていた約3時間の練習を早々に切り上げた。

 やむを得ない事情がある。坂井は2010年ごろから、コリン性じんましんに悩まされてきた。入浴や運動などで体が温まったり、発汗したりした際に「針で刺されたようなチクチクした痛み」が生じる病で、明確な治療法が確立されていない。

 坂井の場合は例年、冬場に症状が現れ、春頃に治まることが多かったが、今年は4月からの大会シーズンに入っても症状が治まらない。胸や背中、後頭部などを中心に痛みが走り、「全然練習に集中できない。プール練習も1時間くらいしかできない」という状態が続いている。

 悪化の原因は判明しておらず、これまで数種類試した薬も目に見える効果は得られていない。ドーピングに細心の注意を払わなければならないアスリートゆえ、使える薬も限られる。針きゅう治療などあらゆる手立てを使って改善を試みているが、外出時も日光に当たらないよう意識するなどストレスを抱える日々が続く。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ