PR

ニュース プレミアム

【法廷から】「引き取りたい」 コンビニで子供産み落とした母はそう供述した

公判が開かれているさいたま地裁=さいたま市浦和区(内田優作撮影)
公判が開かれているさいたま地裁=さいたま市浦和区(内田優作撮影)

 埼玉県新座市のコンビニエンスストアトイレで1月、子供を産み落として立ち去ったとして、保護責任者遺棄の罪に問われた女(24)の判決が5日、さいたま地裁(新井紅亜礼裁判官)で言い渡される。検察側は懲役2年を求刑。弁護側は執行猶予付き判決を求めている。被告は起訴内容を全面的に認めており、争点は被告に有利な事情があるか、だ。被告人質問で、「今後は子供と一緒に生きていきたい」と供述しているが…。(さいたま総局 内田優作)

仕事の途中で出産

 起訴状によると、被告は1月24日日中、新座市のコンビニのトイレで女児を出産し、そのまま放置して立ち去ったとされる。

 初公判は6月21日。検察側は冒頭陳述で犯行に至る経緯を詳述した。

 それによると、被告は両親と同居して家業の廃品回収業を手伝いながら、金銭を得るためインターネットで知り合った男性と性交渉をしており、平成30年7月ごろに妊娠に気づいた。父親の心当たりは3人いたが、3人とも連絡が取れなかった。

 1人で中絶費用も捻出できず、1月24日に古紙回収の仕事の後に立ち寄ったコンビニのトイレで出産。へその緒は爪で切り、生まれたばかりの女児がいるトイレのふたを閉めていた。

 幸いなことに、女児はすぐに発見されて手当てを受けたことから、命に別条はなかった。

未受診「金銭の問題」

 被告側の情状証人として出廷した被告の父親は、妊娠は気づかなかったという。「小さいころからそういうことを親に言わなかった」と証言。ただ、今後については「母親になれるように助けたい」と話し、被告をしっかり監督していくことを明らかにした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ