PR

ニュース プレミアム

【政界徒然草】ツイート裁判官の「訴追」先送りの理由は… 

岡口基一裁判官(宮川浩和撮影)
岡口基一裁判官(宮川浩和撮影)

 ツイッターの投稿内容をめぐり最高裁から戒告処分を受けた岡口基一裁判官(53)=現仙台高裁=について、裁判官弾劾裁判所への訴追の可否を審議している国会の裁判官訴追委員会は、25日に予定されていた本委員会の開催を見送った。通常国会は翌26日に閉会したため、議決は秋の臨時国会以降に持ち越された。なぜ開催は見送られたのか。関係者は「守秘義務があるはずの審議の内容がマスコミに漏れたことが理由の一つ」と明かす。

非公開の審議内容が流出?

 岡口氏は東京高裁の裁判官だった昨年5月、高裁で判決があった犬の所有権をめぐる民事訴訟に関し、インターネットの記事を引用し「え? あなた? この犬を捨てたんでしょ?」と投稿。高裁が懲戒を申し立て、最高裁大法廷は分限裁判の結果、昨年10月に投稿が「裁判官の品位を辱める行為」にあたるとして戒告とする決定をした。これに対し岡口氏は「裁判官にも表現の自由はある」と批判している。

 岡口氏はそれ以前にも、自分の上半身裸の画像や、女子高校生が殺害された事件の刑事裁判について不適切な投稿をしたとして厳重注意を受けている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ