PR

ニュース プレミアム

「中国は戦い抜くだろう」G20前、大阪で自由貿易推進フォーラム

大阪市内で開かれた中国政府系機関による国際フォーラム「開放型世界経済の共同構築に向けて」=25日
大阪市内で開かれた中国政府系機関による国際フォーラム「開放型世界経済の共同構築に向けて」=25日

 中国の政府系シンクタンク、中国社会科学院などが主催する国際フォーラム「開放型世界経済の共同構築に向けて」が25日、大阪市内で開かれた。同市で28、29日に開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)を前に貿易摩擦を抱える米トランプ政権を牽制(けんせい)し、自由貿易を推進する中国の立場をアピールした。日本の元外交官も登壇、トランプ大統領が唱える米国第一主義が「東アジア共同体」構築への追い風になると訴えた。 (坂本英彰)

 「米国は自由貿易を提唱してきたにもかかわらず、自国の利益のため保護主義に転じた。中国は引き続き保護主義、一国主義に断固反対し、開放型世界経済の構築に尽力する」

 中国にとって最大の懸念は、サミットに合わせて行われるトランプ氏と習近平国家主席による首脳会談だ。中国政府元高官で同科学院の謝伏瞻(しゃ・ふくせん)院長は制裁関税で圧力を強めるトランプ政権を強く牽制し、自由貿易の推進役としての中国の立場をアピールした。

 フォーラムは中国政府系英字紙チャイナ・デーリーとの共催。同社の周樹春社長・総編集長は「サミットでは開かれた多元的な経済の構築に向けた支持が得られるだろう。開放型経済の高みを目指すことが必要だ」と述べ、各国首脳が集まるサミットで中国に好意的な国際世論が形成されることに期待を示した。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ