PR

ニュース プレミアム

河口湖、島が地続きに ネットでは「富士山噴火と関係」の憶測も

水位の低下で地続きになっている河口湖の島=山梨県富士河口湖町(渡辺浩撮影)
水位の低下で地続きになっている河口湖の島=山梨県富士河口湖町(渡辺浩撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 富士山の麓にある河口湖(山梨県富士河口湖町)で、いつもは湖面に浮かんでいる島が、湖岸と地続きになっている。島には日蓮にちなむ史跡「六角堂」があり、観光客らは「海が割れるようだ」と歩いて渡っている。近年、水位の低下で夏場に地続きになることがあり、ネット上では富士山の火山活動と関係しているのではという憶測もあるが、専門家は否定的だ。(渡辺浩)

レガッタ中止の恐れ

 島には鎌倉時代の文永11(1274)年に日蓮の弟子たちによって建立されたお堂があったが、室町時代に洪水で流されたという。富士河口湖町は平成6年、跡地に六角堂を建てた。

 県治水課によると、河口湖の6~10月の水位の目安は基準水位のマイナス1・5メートルだが、昨年10月に台風24号が県内を通過した際にマイナス0・75メートルに上昇したため、水位の調整で湖水を放出した。しかし、その後も水位は徐々に低下し続け、今年4月に島が地続きになった。現在の水位はマイナス2・9メートル前後になっている。

 地続きになったことで、普段は船でしか行けない六角堂が観光スポットになる一方で、悪影響も出ている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ