PR

ニュース プレミアム

韓国で大人気のガイド本「大阪は喜んで立って飲む」ヒットの理由(上)

「大阪は喜んで立って飲む」で紹介された大阪の立ち飲み店の写真(モビディックブックス提供)
「大阪は喜んで立って飲む」で紹介された大阪の立ち飲み店の写真(モビディックブックス提供)
その他の写真を見る(1/5枚)

 立ち飲み店をとらえたユニークな写真が表紙を飾る韓国書籍「大阪は喜んで立って飲む」が、韓国で人気だ。韓国人旅行者でにぎわう大阪で、驚くほど安い価格でつまみと酒を提供する立ち飲み店を中心に大衆的な飲食店やスポット約100カ所を紹介。韓国では酒は座って飲むもので、立ち飲み店は皆無に近い。著者の朴贊逸(パク・チャニル)氏(54)は同書で「立ち飲み店は大阪の飲み屋の心臓」と記す。(張英壽)

食い倒れのまちを取材

 朴氏はイタリア料理のシェフでもある異色の作家。同書で、大阪で飲みながら続けた取材の思い出をつづっている。翻訳してみる。

 「数十回にわたり取材は続いた。限界まで飲み、記憶がなくなって記録できない店が多かった。再び行った。季節が変わるとまた行った。20日ごとに旬の食べ物が変わるというつまみをしっかりと見た。酒飲みの天国、ひたすら酒を飲むことで存在を確認しようとするような大阪の人々。(中略)

 私は異邦人として、少し離れたところで酔った。(中略)だれかが私の酒代を代わりに払ってくれ、頼んでもいないつまみが出てきた。あっちのおじさんが払ったんでしょう。彼らは微笑した。それだけだった。返さなくていい、純粋な酒飲みの情。われわれがかつて分かち合っていたが、今や失ってしまった肩を寄せ合う心。それを探す旅が大阪で始まったわけだ」

日韓の飲み方の違い

 日韓の酒の飲み方の差は立ち飲みだけでない。日本の立ち飲み店や居酒屋では、1人で来る客は普通だが、カウンターが設置されていないことが多い韓国の店ではほとんど見られない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ