PR

ニュース プレミアム

【おらがぐるめ】宮城・登米「はっと」 うま味と栄養たっぷりのスープ

味処あらいの一番人気となっている「はっとセット」
味処あらいの一番人気となっている「はっとセット」

 宮城県北の登米(とめ)地方に伝わる郷土料理の「はっと」。小麦粉を練り、薄く伸ばしてちぎり、鍋で煮込む料理だ。登米市の郷土料理専門店「味処あらい」は「はっとのスープがおいしい」と評判で、東京から足を運ぶ客もいる。

 一番人気は「しょうゆはっと」と「ミニあずきはっと」を組み合わせた「はっとセット」(1050円、税込み)。「はっと」はコシがあり、ツルッとした食感。スープは薄味で、うま味がしっかりと感じられる。あずきもほどよい甘さで、「はっと」との相性は抜群だ。

 「スープにはビタミンやミネラル、カルシウムが豊富に溶け込んでおり、はっとは健康食です」と店主の荒井徳雄さん(78)は話す。毎朝5時頃から、野菜やコンブなどを鍋に入れ、5時間ほどとろ火で煮出して「特製スープ」を作るという。

 この料理があまりにおいしいため、農民のコメ作りがおろそかになることを心配した領主が、「ご法度(はっと)=禁止」にしたことが由来とされる。「はっと」をテーマに登米市が制作し、約3年前にインターネットで公開したPR動画「登米無双」が好評を博した。店でも撮影が行われ、「『動画を見てきました』というお客さんが結構います」と荒井さんは笑顔を浮かべる。(石崎慶一)

■メモ 「味処あらい」は宮城県登米市中田町上沼籠壇80の2。三陸自動車道・登米ICから車で約8分。営業は平日が午前11時~午後3時、土日祝日は午後6時までだが、はっとのスープがなくなりしだい終了。不定休。0220・34・7079。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ