PR

ニュース プレミアム

【国際情勢分析】新外相の妻は日本人 距離感変わらぬインド外交

インドの首都ニューデリーで講演するジャイシャンカル外相=6月6日(ロイター)
インドの首都ニューデリーで講演するジャイシャンカル外相=6月6日(ロイター)

 インドで5月末、モディ政権の2期目がスタートした。新しい外相に就任したのは、ジャイシャンカル氏だ。元外務次官という官僚出身で、かつては在日本大使館に勤務した経験もある。妻は日本人という知日家だ。

 ならば「親日家」とみられるかもしれないが、そこは官僚出身だけあって、外交姿勢に色がつくことは好まないようだ。

 6月4日、インドのヴァルマ駐日大使が東京都内の日本記者クラブで記者会見した際、ジャイシャンカル新外相の下で日印関係はさらに深化するのかを問われた。しかし、ヴァルマ氏は、「確かに(ジャイシャンカル氏の)妻は日本人で、本人は日本大使館で勤務していた。日本とは非常に緊密な関係にある」と答えただけだった。

 かつて駐米、駐中国大使も務めたジャイシャンカル氏が、外務省事務方トップの外務次官に就任したのは今から約4年前のことだ。当時、ニューデリーに駐在していた私は、就任パーティーで「日本からの投資は伸び悩んでますね」と水を向けてみた。何らかの外交辞令が返ってくると思っていたら、「時間がかかるなら、他の国を当たるだけだ」と素っ気ない返事をされ、拍子抜けしたことを覚えている。

 インドで外務次官は、米国、中国、ロシアなどをはじめとする大国や、日本との外交を所管する。全方位外交が基本であることを若いころから叩きこまれているインドの外交官らしい答えともいえる。その後も、ジャイシャンカル氏から、日本を特別視するような発言は聞いたことがない。

 隣接する中国と領土問題を抱えるインドは、中国の「領土拡張主義」(モディ首相」に大きな警戒心を抱いている。特に中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に対しては、主要国で最も厳しい態度を示している国といえる。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ