PR

ニュース プレミアム

【御朱印巡り】長野・軽井沢 熊野皇大神社 2羽の烏・ハート あふれる愛情

御朱印の上方には、2羽の八咫烏がくちばと胸をつきあわせている印章が押印されていて、その空間部分がハート形になっている
御朱印の上方には、2羽の八咫烏がくちばと胸をつきあわせている印章が押印されていて、その空間部分がハート形になっている
その他の写真を見る(1/2枚)

 通じ合う男女の愛情物語が、神社に伝わる由緒にある。

 第12代の景行天皇の命を受け、東国の平定(東征)に向かう途次、相模灘の海神が怒り海が荒れた。その怒りを静めるため、日本武尊(やまとたけるのみこと)の妻、弟橘姫(おとたちばなひめ)が海中に身を投じ命をなくす。だが、そのお陰で荒波は収まり、日本武尊は無事に相模灘を渡った。東征の帰路に訪れた碓氷峠で、相模灘の悲劇を想起した日本武尊は、その死を嘆く。

 「吾嬬者耶」(あづまはや=ああ、愛しきわが妻よ)

 3回にわたり、こう口にした。日本武尊は、濃霧で道に迷いそうになり、熊野三山に仕える八咫烏(やたがらす)の導きでこの地に足を踏み入れた。こうした巡り合わせも三山の御加護であろう。そう考えて、三山の神様を勧請することにしたという。

 本宮の中央は、長野県と群馬県の県境に当たり、正面に向かって左側が那智宮(なちぐう)のある皇大(こうだい)神社。群馬県側の熊野神社とは、宮司も社務所も賽銭(さいせん)箱もご祈祷(きとう)もお守りも別々である。それでも本宮は1つなので、「2つで1つの神社」ということにもなる。ただし、和歌山県の熊野三山と山形県の熊野神社と並び、「三大熊野」と称されるのは皇大神社だ。

 本宮には、伊邪那美命(いざなみのみこと)と日本武尊が鎮座し、那智宮に事解男命(ことさかおのみこと)が祭られている。八咫烏のお社もある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ