PR

ニュース プレミアム

【政治デスクノート】TOKIO、吉本、大泉洋…首相の会食相手 5月以降に有名人急増 

 吉本新喜劇への出演はG20サミット開催に伴う交通規制などへの協力依頼の面があり、青木プロは5月27日の首相とトランプ米大統領のゴルフを一緒にラウンドし、日米友好に一役買った。

 過去にさかのぼると、首相が最も多く会食しているのが昨年8月に亡くなった俳優の津川雅彦さんだ。首相の再登板以降、少なくとも15回会食している。

 第1次政権が1年で終わった失意の首相を、励まし続けてきたのが津川さんだった。津川さんは昨年、パリで開催された日本博「ジャポニスム2018」を提唱し、日本の文化を発信する「『日本の美』総合プロジェクト懇談会」の座長だった。政府が作成した北朝鮮の日本人拉致問題解決に向けた啓発ポスターのモデルも、ボランティアで務めた。

 もちろん個人的な関係の会食もあるだろうが、首相の会食は政府の仕事の延長線上にあるということもできそうだ。

 そもそも首相が誰と会食しようが、国民にとってはあまり関係がない。有名人や芸能人と会食する首相に親近感を抱く人はいるかもしれないが、自民党総裁の首相がTOKIOと会食したからといって「選挙で自民党に投票しよう」というほど、国民は単純ではないだろう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ