PR

ニュース プレミアム

【法廷から】「人生賭けた」「ありがとう」 夫と母のLINEやりとり明らかに

弥谷麻衣子さんの遺体が見つかった恵美被告の自宅=昨年7月、茨城県取手市(橘川玲奈撮影)
弥谷麻衣子さんの遺体が見つかった恵美被告の自宅=昨年7月、茨城県取手市(橘川玲奈撮影)

 千葉県柏市で昨年3月、夫が不仲だった妻を殺害し、遺体を母親とともに実家敷地内に埋めたとされる事件。千葉地裁は殺人罪などに問われた夫で元銀行員の弥谷鷹仁(たかひと)被告(37)に懲役15年(求刑懲役17年)、殺人幇助(ほうじょ)罪などに問われた母親の恵美被告(64)に懲役6年の求刑を上回る懲役7年の判決を言い渡した。殺人幇助罪について無罪主張をしていた恵美被告は、主文言い渡しの瞬間も大きな動揺はみせなかった。(千葉総局 橘川玲奈)

被害者家族を向き

 今月12日の判決公判で、鷹仁被告は黒のスーツ姿、恵美被告は白いシャツに黒のズボン姿で出廷。恵美被告の顔には疲れが浮かび、目の下のくまは傍聴席からも分かるほどだった。

 両被告は判決理由読み上げの際、弁護人の横に着席。正面の検察官席には、被害者参加制度を利用して参加した被害者、麻衣子さん=当時(30)=の家族が座っていた。

 両被告とも判決理由読み上げ中、正面を向いていたが、表情からその胸中を推し量ることはできなかった。

殺人幇助罪

 公判を通じて鷹仁被告は起訴内容を全面的に認める一方、恵美被告は殺人幇助罪について否認していた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ