PR

ニュース プレミアム

【中東ウオッチ】石油利権めぐり真っ二つ リビアで泥沼の代理戦争

 英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版、5月19日付)によると、LNAはすでに油田を含む広大な地域を実効支配しているものの、国連安全保障理事会決議により石油輸出の権限は認められていない。ハフタル氏はこのため、主要な石油輸出港に麾下の軍艦を停泊させ、暫定政権側の国営石油会社の活動を妨害。これに対し暫定政権側は、ハフタル氏が安保理決議を無視して不法に石油を海外に売りさばくことを狙っている、と非難を強めているという。

 「カダフィ後」のリビアでは政治空白が続き、その間をぬって台頭したISなど多数の過激派が乱立している。LNAと暫定政権との戦闘は諸外国の勢力争いの場ともなっており、内戦に終止符が打てないシリアの二の舞になりかねない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ