PR

ニュース プレミアム

【新大人の遠足】福島・土湯温泉 危機で一丸、街並み再生

温泉街には気軽に楽しめる無料の足湯も。みんなで入れば会話も弾む=福島市(芹沢伸生撮影)
温泉街には気軽に楽しめる無料の足湯も。みんなで入れば会話も弾む=福島市(芹沢伸生撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 初夏の乾いた風にそよぐ新緑、抜けるような青空-。絶妙な湯加減と露天風呂から望む景色に身も心も癒やされる。福島市西部の山あいにある土湯(つちゆ)温泉。懐かしい風情が漂う温泉街は東日本大震災以降、入り込み客が落ち込み、16軒あった旅館のうち5軒が廃業。危機的状況が続いていたが、5月に官民一体で進めてきた5年にわたる再生事業が完了、新たな道を歩み始めた。

風評被害で客足減少

 土湯温泉観光協会によると、土湯温泉を訪れる1年間の宿泊客は、平成4年度に約42万人を数えた後、減少傾向に転じ、22年度は27万人を割り込んだ。さらに追い打ちをかけたのが23年3月の東日本大震災。激しい揺れで建物に被害が出たり、東京電力福島第1原発事故の風評被害で客足が激減した。当時、温泉街一帯の放射線の数値は問題なかったという。

 23年度には宿泊客が約11万8000人まで落ち込み、その後も宿泊客は年間15万人前後で推移した。危機を感じた福島市と地元は一丸となって、地域活性化を図り、客を呼び戻そうと、廃業した旅館の有効活用や街の景観整備などを計画。国の補助金も受け街の再生に乗り出した。

落ち着いた茶系に

 景観作りでは「まちづくり協定」を締結、統一感のある街並みの構築を目指した。補助金を利用して外壁を和風の茶系のものにしたり、道路に面した部分に木材や石、しっくいなど自然の素材を使ってもらおうという試み。20軒近い旅館や商店、一般家庭が制度を利用した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ