PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】シャインマスカットの苗木、中韓へ無断持ち出し 和牛は精液をフェリーで

岡山県内で栽培されているシャインマスカットの「晴王」
岡山県内で栽培されているシャインマスカットの「晴王」

 農林水産省が、目標に掲げる農林水産物・食品の年間輸出額1兆円のさらなる拡大に向けて、法改正の検討に入った。ブドウの一種、シャインマスカットやイチゴ、牛肉などが海外で高い評価を得る一方、果物の苗木や和牛の精液などが不正に持ち出されるケースが相次いでおり、法改正による強化で流出を防ぐのが狙いだ。ただ、植物の持ち出しは、病害虫や病気の観点から原則、禁止されていたはず。一体、どうやって持ち出されたのか。

 植物防疫所(横浜市中区)によると、発送元の国・地域、植物の種類により、持ち込むことができるもの、できないものが、それぞれの国で細かく定められている。病害虫の被害や生態系への影響などが危惧されるためで、苗木などは試験研究や博物館用、犯罪捜査に使うなどと、用途が決まっている。輸入許可証があれば、持ち出しが認められているケースが多い。

 ところが、国の研究機関で開発されたシャインマスカットは、苗木が何らかの方法で許可なく持ち出され、中国や韓国で栽培されている。しかも、生産されたシャインマスカットが東南アジアに輸出されていることも発覚。「コリアン シャインマスカット」「陽光バラ」などとして販売されていることが分かっている。

 関係者らによると、中国の生産者が日本のブドウ農園を訪れた際に無断で苗を持ち帰ったか、ブドウ農園の生産者がシャインマスカットの苗木を販売した可能性があるという。

 イチゴの「レッドパール」「章姫」に関しては、日本の個人育種家が開発し、韓国国内の一部生産者に利用許諾をしていたが、何らかの経緯で苗などが第三者に流出して無断で増殖されたとみられている。

 こうして無断で栽培され、販売されているのが分かっていても、法律上、打つ手がないのが実情だ。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ