PR

ニュース プレミアム

チコちゃんが画面から飛び出す? NHK放送技研で次世代展

頭をすっぽり覆うようなディスプレイ(左)や、VRヘッドマウントディスプレーなどさまざまな視聴スタイルで高精細の迫力映像が楽しめるようになるとされる=東京都世田谷区のNHK放送技術研究所
頭をすっぽり覆うようなディスプレイ(左)や、VRヘッドマウントディスプレーなどさまざまな視聴スタイルで高精細の迫力映像が楽しめるようになるとされる=東京都世田谷区のNHK放送技術研究所

 人気番組のキャラクターや出演者がテレビから飛び出してきたら、離れた場所にいる仲間たちと好きな番組を楽しめたなら-。子供の頃に思い描いた夢のようなシチュエーションに、技術が追いついてきつつある。NHK放送技術研究所(東京都世田谷区)が最新の研究成果を一般に公開する「技研公開2019」が5月30日から6月2日まで開催された。次世代のテレビの姿とは、どのようなものになるのか。 (文化部 石井那納子)

表現空間の拡張・共有するサービス提供目指す

 新映像規格と謳(うた)われ研究が続けられてきた4K・8Kの放送が昨年末開始されたことを受け、今年の公開は「ワクからはみ出せ、未来のメディア」をテーマに、立体的に見える3Dテレビや、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)などを取り込みながら、さまざまな視聴スタイルに対応できる「ダイバースビジョン」が目玉として紹介された。

 これまで、テレビ放送は8Kスーパーハイビジョンに象徴される2次元映像サービスの“高品質化”と、データ放送にみられる“高機能化”を開発の両輪としてきた。今後10~20年後のメディア体験として、「ARやVR、インターネットなどを利用し、表現空間を拡張・共有できるような放送に進化していくことを想定して、技術開発をしていく」と技研の三谷公二所長は話す。

 まず目を引いたのが、会場入口付近に設置された、幅11メートル、高さ4メートルの半円筒形の巨大スクリーン。3台の8Kカメラで撮影したオーケストラの演奏風景や祭りの映像が広がる。頭にセットして、目の前の小さなディスプレーで映像を見る「ヘッドマウントディスプレイ(HMD)」をかけたときのイメージを再現したものだ。

 高精細映像が視野を覆うことで没入感が高く、カメラが移動するような場面では、視界の端を映像が流れていく感覚が分かり、自分自身が前に進んでいるかような感覚を味わうことができた。

 将来はこうした映像を、HMDなどを活用して、それぞれにあった視聴スタイルで楽しむことができるようになる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ