PR

ニュース プレミアム

【大リーグ通信】絶好調マエケンにでっかいタイトルの可能性

 それでもスポーツサイトの「ファンサイド」は「ドジャースタジアムは前田にとって今季最も相性のいい球場。7勝のうち5勝が本拠地だ。これが続くととても有利になる」と後押しする。

 その一方で、ドジャースの投手事情が不利に働くこともあり得ると予想する声もある。柳賢振やカーショーら強力な先発陣に比べて、救援陣が弱点。前田の卓越した投球術でゲーム後半を乗り切りたいという背景もあり、「ファンサイド」は、シーズン終盤になって前田が先発を外れ、救援に回る可能性を指摘する。昨季も「ワールドシリーズまで勝ち抜くためには欠かせない」(ロバーツ監督)と配置転換され、一昨季もポストシーズンなどで救援をこなした。

 そんな不安材料を解消するには勝ち続けることが一番だが、どこまで快進撃を続けることができるか。大きな勲章を手に入れるためには、ここからが踏ん張りどころだ。(運動部 佐竹修仁)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ