PR

ニュース プレミアム

「忖度発言」で一変した参院新潟選挙区 野党4党が急遽一本化

一方、塚田氏は…

 紆余(うよ)曲折を経ながらも野党統一候補を擁立できたことについて、国民県連幹部は「地道に協議を積み重ねてきた成果」と長年にわたる野党共闘態勢のたまものと受け止めた。

 一方自民党は、1人区で最も情勢が厳しい「激戦区」に新潟選挙区を指定。塚田氏は頭を丸め、県内をおわび行脚している。

 「おわび行脚は意外と効果がある」。国民の森裕子参院議員は打越氏の出馬会見でこう強調。「国会周辺で、道路を渡るときも“おわび行脚モード”なんです。体からおわび行脚がにじみ出るくらい徹底している。大変強い相手だと思う」と話し、警戒感を強めている。(池田証志)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ