PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】素材メーカーが「未来の車」に参入 ギアや窓、防音材

旭化成は未来の車内空間をイメージした模型「アクシーポッド」を制作し、「人とくるまのテクノロジー展」に展示した=5月22日、横浜市西区
旭化成は未来の車内空間をイメージした模型「アクシーポッド」を制作し、「人とくるまのテクノロジー展」に展示した=5月22日、横浜市西区
その他の写真を見る(1/4枚)

 自動車業界は「100年に1度」といわれる大変革期を迎え、車の電動化や自動運転化の流れが止まらない。こうした変革を商機に変えようと大手素材メーカー各社は、未来の「モビリティー(移動)社会」を見据えながら、素材や加工技術などをセットで提案する“総合力”を磨き始めた。単なる“素材売り”から脱却する狙いは何か。素材各社の戦略に迫った。

未来の車内空間

 横浜市西区のパシフィコ横浜。5月22日に自動車技術が一堂に集まる「人とくるまのテクノロジー展」が開幕した。会場を歩くと、映画に登場する宇宙船のような乗り物が目に飛び込んできた。出展社は自動車メーカーではない。旭化成だ。

 同社が展示したのは、未来の車内空間を実現した卵形の模型「AKXY POD(アクシーポッド)」。ハンドルもアクセルもない完全自動運転車をイメージしながら、乗員が五感で快適さを感じられる空間を目指したという。実際に木製のドアを開けて座席に座ると、視線の先に走行状況を映し出すディスプレーがあった。天井には、神秘的な映像が投影されていた。

 模型には、特定の人に音を届ける指向性スピーカーや樹脂製の人工芝、センサーなどの製品や技術が散りばめられていた。同社オートモーティブ事業推進室の宇高道尊(みちたか)室長は「自動車メーカーや部品メーカーと、車の未来を語るきっかけを作りたかった」と説明した。

 帝人のブースでも、未来を感じさせる流麗なデザインの乗り物が存在感を放っていた。豪スタートアップ企業のAEVが開発した低速の電気自動車(EV)で、国内で初めて公開した。

 EVは、駆動部と交換可能なボディーで構成されることが特徴。ボディーを交換することで、食品を積んで街中を巡回する車や医療サービスの専用車など多彩な用途で活用できる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ