PR

ニュース プレミアム

【びっくりサイエンス】「モズのはやにえ」 雌にモテるための栄養食だった

モズの雄(高木昌興・北海道大教授提供)
モズの雄(高木昌興・北海道大教授提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 野鳥のモズが、捕らえた獲物を木の枝などに突き刺し置いておく風変わりな習性を「はやにえ」と呼ぶ。古くから知られ、冬に備える保存食と考えられてきた。だが実は繁殖期に雄が雌に求愛する際、より魅力的にさえずって「モテる」ための栄養食の役割を担っていることが、大阪市立大などの研究で分かってきた。

小動物を枝に串刺し

 モズは全長約20センチのスズメの仲間で、日本全国の平地や低山地の農耕地などに生息している。くちばしはタカのように鋭く、はやにえはバッタやカエルなどの獲物をとがった小枝などに串刺しにしたもの。古くから知られており、平安時代の歌集「散木奇歌集(さんぼくきかしゅう)」にも、はやにえが登場する歌が残されている。

 モズがはやにえを作るのは、餌の少ない冬になったら食べるための保存食ではないかと考えられてきたが、実態は謎だった。そこで研究チームは調査に乗り出した。

 モズは、雌が民家付近などに短期間だけ縄張りを作るのに対し、雄は開けた農耕地などに作った縄張りに長期間とどまることから、雄の方が観察しやすい。そこで大阪府内の里山で雄の縄張り内の木々を見て回り、はやにえを作る時期と食べて消費する時期を詳しく調べた。冬の保存食なら、気温の低い時期に活発に食べるはずだからだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ