PR

ニュース プレミアム

【御朱印巡り】豪壮な刀剣と神代文字 山梨・軍刀利神社

 御朱印は、右からご祭神神の日本武尊の字、軍刀利神社の文字が入った刀剣、同神社を表すとみられる神代文字、同神社の印、日本武尊の顔とみられる絵のような印の5種類が押されている。行書で軍刀利神社の文字と奉拝日の日付が書かれている。

 主に揮毫(きごう)する吉村礼子(あやこ)さん(54)は「印が多いので、字がにじまないよう先に字を書いてから横向きにして印を押します」。「身内が心肺停止状態から息を吹き返しましたと、お札に来られた方もいました」という。

 今春から、石井さんが作った、杉の木に神社の文字が刻印された表紙の御朱印帳が登場。石井さんは「自然を感じてほしい」と語る。

 三国山先の元宮までの登山道は富士山絶景のコース。カツラの木はインターネット上で「パワースポット」として取り上げられることも多く、たたずんでいると鋭気が養われた。(昌林龍一)

■軍刀利神社 山梨県上野原市棡原(ゆずりはら)4133。中央自動車道上野原インターチェンジ(IC)から車で20~25分。JR中央線上野原駅から富士急バスで井戸バス停下車(24分)。御朱印の初穂料は300円。表紙が木製の手作り御朱印帳は3千円。電話は0554・67・2916。祭りのとき以外の御朱印の授与所は村上武さん方(同市棡原3560。電話0554・67・2847)。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ