PR

ニュース プレミアム

【御朱印巡り】豪壮な刀剣と神代文字 山梨・軍刀利神社

杉の木で作った御朱印帳の表紙(左)と刀の形の印が押された御朱印=山梨県上野原市棡原(昌林龍一撮影)
杉の木で作った御朱印帳の表紙(左)と刀の形の印が押された御朱印=山梨県上野原市棡原(昌林龍一撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 のどかな田園風景の道が急に杉に囲まれた静寂な空間となり、鳥居と石段が現れた。由緒沿革が書かれた立て札に「永承三年(1049)五月創立」とある。当初は三国山の山頂にあったが焼失し、室町時代に今の場所に移ったと伝わる。

 石段を上ると拝殿があり、右手に巨大な剣が立つ。日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の帰りに三国山の山頂で草薙(くさなぎ)の剣を祭ったことに由来し、神社の名称にもつながっている。神社総代の石井永司さん(64)は「軍神として信仰され、先の戦争では各地から参拝者が来られたそうです。今は選挙のときの参拝も多いです」という。

 拝殿から5分ほど山道を上がると奥宮があり、巨木の県指定文化財「軍刀利(ぐんだり)神社のカツラ」がそびえる。上野原市によると、県内のカツラで最大で高さ33メートル、根回り14メートル。推定樹齢500年。根元から冷たい清水が絶えることなく湧き出ることから「水の木」と呼ばれている。

 社務所は例大祭など以外は閉じられていて、普段は神社から2キロほど下った吉村武さん(90)方が御朱印とお札の授与所になっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ