PR

ニュース プレミアム

【外交安保取材】平成の国賓最多は韓国大統領 前半に集中

 5月下旬のトランプ米大統領の来日は令和初の国賓として注目を集めたが、日米同盟のパートナーである米大統領の国賓待遇が、他国と比べ突出して多いわけではない。平成の31年間を振り返ると、国賓として招いた米大統領は3人。首脳級で最多となったのは、なんと韓国大統領の4回だ。ただ、日韓関係の歴史を象徴するように、この4回は平成の前半期間に集中し、後半は一度もない。

平成最初の国賓「韓国から」の声も

 いわゆる徴用工問題をめぐっては、韓国最高裁が昭和40(1965)年の日韓請求権協定を無視するかのように日本企業に損害賠償を命じている。慰安婦問題では、平成27(2015)年の日韓合意に基づき設立された「和解・癒やし財団」の解散を韓国政府が一方的に決めた。

 韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題では、謝罪することもなく、自分たちの行動を正当化している。

 昨年後半から起きた出来事を振り返っただけでも、韓国側が作り出した問題によって日韓関係が悪化の一途をたどっていることがわかる。にもかかわらず、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「日本が歴史問題を国内政治に利用している」と述べるなど、関係改善に乗り出す気配はない。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ