PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】未来見据え、人と企業の橋渡し パソナグループ副社長 山本絹子さん(63)

 淡路島がおもしろい。先月には人気アニメ「NARUTO-ナルト-」をテーマにした体験型アトラクションがオープンし、昨年開業したサンリオのキャラクター「ハローキティ」の観光レストランも好調だ。国内外の観光客を呼び込み、地元の雇用創出にも奔走するのが、総合人材サービス大手・パソナグループ副社長の山本絹子さん(63)。ベンチャー企業と呼ばれたパソナ創業直後から南部靖之代表を支えて約40年、雇用創出や働き方について語ってもらった。(聞き手 豊田昌継)

■「6次産業」…活性化、問題解決はおまかせ!

 --パソナで今春、定年退職を迎えた60歳以上のシニア80人を社員として採用されたのを見て、驚きました。多くの企業がベテランの処遇に頭を悩ませているというのに…

 山本 今年取り入れた「エルダーシャイン(輝く・社員)制度」ですね。南部が昭和51(1976)年に会社を創設した直後から、派遣スタッフとしてシニア世代のパワーを肌で感じていました。突っ走る若い人たちを後ろからうまくフォローする。私も営業時代、企業の人事担当者に会っていただく際の知識やコツを、シニアの方に教えてもらいました。私どもは主婦の派遣からスタートしましたが、シニアの大切さも早い時期から分かっていました。

 --かつては「人材派遣」、現在は「総合人材サービス」。そもそもパソナとはどんな会社ですか?

 山本 よく聞かれますが、最大のテーマは企業理念でもある「社会の問題を解決する」。例えば、雇用問題があるのなら、どんな働き方をしたらいいか、どんな能力を蓄えたらいいか、などを考えていきます。一人の人間の「ライフプロデューサー」といったらいいでしょうか。

観光レストラン「ハローキティスマイル」で、キティちゃんが壁一面に飾られた部屋に立つ山本絹子さん =兵庫県淡路市(南雲都撮影)
観光レストラン「ハローキティスマイル」で、キティちゃんが壁一面に飾られた部屋に立つ山本絹子さん =兵庫県淡路市(南雲都撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 --もう少し具体的に

 山本 例えばある会社が不況で新卒採用が千人から500人になった。あふれた500人は浪人して翌年まで待つのは難しい。大学受験とは違い、社会人は既卒になると企業選択が限られるのです。いま40代半ばの人が、同じ会社で同じアルバイトを20年以上やっている…といった深刻な事態になっています。これはキャリアアップの機会を逃しているのです。私たちなら1~2年後に資格を取るなど、キャリアを積ませることができます。

 --アルバイトの件はよく見聞きしますね

 山本 中高年も同じです。大企業のリストラがいわれた平成10年代、それまで「自分の会社以外は見るな」と育てられた当時の50代の人たちが、急に「社会に目を向けろ」なんて言われてもできません。一方で、いい人材や後継者を育てる広い知識を持った人がおらず、社長自身が取引銀行と事業計画を練っている中小企業がある。

(次ページ→)中小も良い会社いっぱいある…競争率40倍を…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ