PR

ニュース プレミアム

裁判員10年 裁判官インタビュー(11)「争点を本質的なものに」大阪地裁・大森直子裁判官(47) 31件担当

大阪地裁の大森直子裁判官=4月24日、大阪市(南雲都撮影)
大阪地裁の大森直子裁判官=4月24日、大阪市(南雲都撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

(聞き手・真鍋義明、件数は担当した1審裁判員裁判の数)

 --裁判員裁判の導入によって変化はありましたか

 「私自身は劇的な変化があったと感じています。一番変わったなと思うところは、法廷で見て、聞いていれば判断がつく、そういう審理になったという点です。以前は1つの事件の記録でロッカーがいっぱいになるものもあったり、少ないものでもずいぶん厚みがあったりしました。それを法廷で全部読むわけにいかないので、裁判官室に戻って夜遅くまでページをめくっていた、というのを覚えています」

 「証人尋問や被告人質問で、事細かに事実を聞き続けるということもありました。当時は事件の詳細までつまびらかに解明し、詳細に事実を認定していくという『精密司法』の時代だったからです。その後、私は刑事裁判を離れ、裁判員制度が導入されて5年後くらいに戻りましたが、法廷に座っていれば記録をめくらなくても分かるというところに驚きました。争点をかなり明確にしているので、書証や証人、被告人にどの話をお聞きするかも、争点判断に必要なものに限られてきます。『そこを判断すればよいのね』というところがよく分かるようになっていました。裁判員裁判を経験したことで、裁判員裁判以外でも、争点の設定は本質的なものに絞っていこうとしたり、証拠は厳選していこうとしたりする姿勢が、強く生まれてきたと思います。事件について、本当に必要な核心部分を調べ、審理するという『核心司法』に変化したなと思います」

 「自分自身も変わったと思うのは、物事の本質や、『人に分かりやすく説明できるか?』ということを、よりよく考えるようになりました。法律家としてそれまで当たり前に思っていたことを、本当にそうなのか? それでいいのか?と検証していく良い機会になっていると思います」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ