PR

ニュース プレミアム

【皇室ウイークリー】(591)陛下が稲作継承し初のお田植え 日赤名誉総裁の皇后さま、式典へ

全国赤十字大会で有功章の受章者にメダルなどを授与される皇后さまと、拍手を送られる秋篠宮妃紀子さま、常陸宮妃華子さま、寛仁親王妃信子さま、高円宮妃久子さま=22日、東京都渋谷区の明治神宮会館
全国赤十字大会で有功章の受章者にメダルなどを授与される皇后さまと、拍手を送られる秋篠宮妃紀子さま、常陸宮妃華子さま、寛仁親王妃信子さま、高円宮妃久子さま=22日、東京都渋谷区の明治神宮会館
その他の写真を見る(1/26枚)

 天皇陛下は20日、皇居内の生物学研究所脇にある水田で、即位後初めて田植えをされた。皇居の稲作は昭和天皇が始めた恒例行事で、陛下は上皇さまから引き継がれた。

 陛下がこの日植えられたのは、上皇さまが4月にまかれた種もみから育てた、うるち米の「ニホンマサリ」ともち米の「マンゲツモチ」の苗計100株。陛下は長靴で水田に入り、腰をかがめて1株ずつ丁寧に植えられた。22日に残りの100株の田植えも済まされた。宮内庁によると、陛下は高校時代に赤坂御用地内の水田で田植えをされた経験があるという。

 陛下は秋に稲の刈り取りも行われる。稲の一部は伊勢神宮に奉納されるほか、昭和天皇の命日に行われる1月の「昭和天皇祭」、五穀豊穣(ほうじょう)を祈る2月の「祈年祭」など宮中祭祀(さいし)に使われる。

 陛下は23日、皇居・宮殿「松の間」で行われた春の叙勲の大綬章親授式に臨席し、桐花大綬章の寺田逸郎(いつろう)前最高裁長官ら12人に勲章を手渡された。式の後、陛下は「どうかくれぐれも身体を大切にされ、今後もお元気に過ごされますよう願っています」とねぎらわれた。外国人叙勲の受章者に対しては「わが国の発展や国際社会の関係の増進に尽力されたことに対し、深く感謝いたします」とも述べられた。

 皇后さまは22日、日本赤十字社の名誉総裁として、明治神宮会館(東京都渋谷区)で開かれた全国赤十字大会に出席し、皇后として初の単独公務に臨まれた。代替わりに伴い、1日付で上皇后さまから名誉総裁を引き継がれた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ