PR

ニュース プレミアム

【プロが指南 就活の極意】逆質問で求められる考え方

合同企業説明会のブースで話を聞く学生=3月1日、千葉市の幕張メッセ
合同企業説明会のブースで話を聞く学生=3月1日、千葉市の幕張メッセ

 「何か質問はありますか」

 面接の最後に面接官の方から質問されることがあります。目的意識を持って就職活動に取り組んでいる学生は、このような質問に対しても柔軟に対応できる場合が多いです。しかし、目的がなく就職活動をしている学生は面接官に対し、質問する材料がないため、「何を質問したら良いのか分からない」。このような相談を受けることがよくあります。そのため、答えを伝える前に、学生の皆さんに何を質問したらいいと思うか逆質問すると、「企業受けが良い質問が良いのでは」「他の学生が聞かないような質問が良いのでは」といった回答が返ってきます。

 この考えは確かに一理あります。逆質問も自分をアピールするチャンスになりますので、面接官に印象を残すために他の学生と異なることを考えるのも分かります。しかし「企業受けが良い質問」や「他の学生が聞かないような質問」は、その学生が企業側の人間ではないですし、他の学生の面接内容を聞いているわけではありませんので、考えることは容易ではありません。

 逆質問の正解を探すことばかり考えるのではなく、自分が何を知りたいのかをまずは考えるようにしてください。

 さて、突然ですが問題です。AさんとBさんは業務内容で分からないことがあり、仕事が進められずに困っています。そこで先輩のあなたに質問をしてきました。あなたの場合、どちらの質問のほうが回答したくなりますでしょうか?

Aさん 「××について、教えていただけないでしょうか」

Bさん 「私は××であると考えておりますが、先輩はどのようにお考えですか」

 AさんもBさんも、分からないことを知りたいといった点は共通しています。ただし、決定的に異なるのは自分自身の考えを伝えているか否かです。最近の学生の傾向かもしれませんが、Aさんのような自分の考えを持たずに答えを求める方が多くなってきています。ここで注意してほしいのが、企業はどのような学生を求めているかということです。企業では言われたことをこなすだけでなく、問題意識を持って主体的に解決する力が求められます。つまり、自分の考えを持って行動する学生を求めています。しかし、Aさんのような質問をしてしまうと自分で考えているのかが分かりません。

 就職活動の場で行う逆質問も同様です。「何を質問したら良いのか分からない」ではなく、そもそも「何を知りたいのか」自分の考えを持っておく必要があります。知りたいことがあれば自ずと質問内容も固まってくるはずです。面接官や他の学生といった周囲のことばかり意識するのではなく、まずは自分の考えを持つようにしてください。

(「内定塾」講師 齋藤弘透)

 ここ十数年で新卒の就職活動も大きく変化してきました。今年は特に変化の年になります! 新卒の就職活動は、世の経済状況や世相を反映しやすく、年によって状況が異なります。東京、名古屋、大阪の主要都市を中心に全国12校舎を持つ、就活塾・予備校最大手の「内定塾」講師が、就活事情の最前線をご紹介します。

 内定塾:http://www.naitei-jyuku.jp/

 内定塾の志望動機:http://www.naitei-shiboudouki.com/

 内定塾facebook:https://www.facebook.com/naiteijyuku

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ