PR

ニュース プレミアム

NGT48・山口さん卒業も再出発のめど立たず 裏目に出続けた運営側の対応

卒業公演に出演したNGT48の山口真帆さん(右)=18日、新潟市中央区(C)AKS
卒業公演に出演したNGT48の山口真帆さん(右)=18日、新潟市中央区(C)AKS
その他の写真を見る(1/7枚)

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の元メンバーで、暴行事件に遭った山口真帆さん(23)が“卒業”した。長引く混乱に区切りをつけ再出発するはずだったが、メンバーの加藤美南さん(20)が会員制交流サイト(SNS)の公開設定を間違えて“誤爆”。全メンバーのSNSが停止される事態となった。運営会社「AKS」(東京)は打つ手が次々に裏目に出ている格好だ。事件を起こしたファンらとの民事裁判も控え、本格的な活動再開のめどが立たない状況が続いている。

 18日にNGT48劇場(新潟市中央区)で開かれた山口さんら3人の卒業公演。親しいメンバー5人とともに歌ったのは、アイドルグループ「欅坂46」の「黒い羊」。英語で「やっかい者」「のけ者」を意味し、運営批判を繰り返しながら結局、グループを出ていかざるをえなくなった自身になぞらえたかのような選曲だった。

3つの誤算

 山口さんが運営に反旗を翻したのは1月8日。暴行容疑で逮捕されたファン2人が不起訴になった上に、関与が疑われたメンバーらの処分が見送られたことに対する不満を、動画配信サービス「ショールーム」で涙ながらに訴えた。運営側が事件を隠蔽したという主張だったが、これを含め運営側は対応をいくつも間違えてきたといえる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ