PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】やじ将軍、実は阪神優勝の立役者 小林繁、中村勝広…野球解説者でOB会長・川藤幸三さん(69)

21年ぶりのリーグ優勝を果たした阪神の選手たちは3番目に川藤を胴上げした =昭和60(1985)年10月16日、神宮球場
21年ぶりのリーグ優勝を果たした阪神の選手たちは3番目に川藤を胴上げした =昭和60(1985)年10月16日、神宮球場
その他の写真を見る(1/5枚)

 昭和60(1985)年10月16日、神宮球場が歓喜に包まれた。阪神タイガースの21年ぶりのリーグ優勝。吉田義男監督の胴上げが始まった。続いて主砲の掛布雅之、そして次に担ぎあげられたのが川藤幸三だった。「お、お前ら、何をするんじゃ。こら、放さんかい!」。驚く川藤に構わず、選手たちは手足を持ち上げ思いきりほうり投げた。

 「びっくりしたで。胴上げちゅうもんは、その年一番活躍したスターがされるもんや。ワシは、な~んも働いとらへん。ほんまにこの連中と一緒にやってきてよかった~と心底思たな」

 60年、川藤は31試合に出場し、放ったヒットはわずか5本、本塁打はゼロ。それでもいつもチームの中心にいた。居場所は阪神ベンチのど真ん中。“やじ将軍”と呼ばれたが、やじられるのは相手チームばかりではない。自軍のコーチや吉田監督までやじった。

川藤の居場所は、いつも阪神ベンチのど真ん中 =甲子園球場(松永渉平撮影)
川藤の居場所は、いつも阪神ベンチのど真ん中 =甲子園球場(松永渉平撮影)
その他の写真を見る(2/5枚)

 筆者はある試合で不思議な光景を見た。ベンチで川藤が「こんなところで送りバントのサインを出すのは誰や!」「投手交代やて? マウンドに行かせるな!」と吠(ほ)えているのを聞いたのである。首脳陣批判どころか、それはもう“反逆”だった。〈あぁ、カワさんがクビになる〉と心配した。ところが、翌日、何もなかったかのように首脳陣と談笑しているではないか。その時の疑問をぶつけた。すると「実はな、あれには訳があったんや」という。

 5月、川藤は一枝修平コーチに呼ばれた。「カワ、お前、選手と首脳陣の“つなぎ役”になってくれへんか」。突然の申し出に「それはコーチの役目や。ワシ、そんなんできまへん」と断った。ところが次の日も次の日も…。

 「カワよ、優勝するためには、選手の心をひとつにまとめなアカンのや。それができるんはお前だけや。お前も優勝したいやろ。コーチ会議で決まって、監督も『それしかない』というとるんや」

 川藤はついに受けた。だが、ひとつ条件をつけた。「おかしいと思た采配には監督にでもワシは吠えますよ。それを許してくれるんやったら、やります」。なんと公認の首脳陣批判だったのである。

 川藤はベンチのど真ん中で吠えた。バットで扇風機をたたき壊したことも。それは選手たちの“代弁”でもあった。吠えるたびに猛虎は一丸となっていった。「そのかわり、ワシはちいとも試合に使ってもらえんようになったわ」

 選手たちはそんな川藤をちゃんと見ていた。だから60年の胴上げも「掛布の次に上げる。カワさんには絶対に内緒やで」と事前に決められていた。

 「優勝もしたし翌年にはオールスターにも初めて出させてもろた。ワシの野球人生にな~んの文句もないで」。川藤は満足そうに話した。

阪神時代の小林繁には時折、“寂しさ”が漂っていた
阪神時代の小林繁には時折、“寂しさ”が漂っていた
その他の写真を見る(3/5枚)

■大切な友 コバが教えてくれた存在価値

 平成になって川藤は2人の大切な友を失った。平成22(2010)年に小林繁(当時日本ハム投手コーチ、57歳=心筋梗塞)、27年には中村勝広(阪神GM、66歳=脳出血)を。

 「コバ(小林)もカツ(中村)もぎょうさん責任を背負い込んで。『何を格好つけとるんや。人間はそんなに力のあるもんやない。あれもこれも背負い込んだら倒れるだけやぞ。しんどかったら、荷物を下ろさんかい!』と何度も言うてやったんやが、2人ともそれができん人間やった」

 2人の話をするとき川藤はどうしようもなく悲しい顔になる。

(次ページ)あの巨人「江川騒動」と「おっさん」と…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ