PR

ニュース プレミアム

【アメリカを読む】「トランプ氏=富豪」は虚像か 過去の巨額損失が判明

米ニューヨーク・マンハッタンにそびえる「トランプ・ワールド・タワー」(ロイター)
米ニューヨーク・マンハッタンにそびえる「トランプ・ワールド・タワー」(ロイター)
その他の写真を見る(1/3枚)

 不動産、カジノ経営、ホテル業などを広く手掛け、成功したビジネスマンとして“富豪”のイメージを前面に打ち出してきたトランプ米大統領が、過去の事業で巨額の損失を出していたと米紙ニューヨーク・タイムズに報じられた。自身の成功体験を自伝として出版するなどしてきたトランプ氏の華麗な一面が、「メディアが作り上げたトランプ神話」(米紙ワシントン・ポスト)だったとの見方も出ている。(ワシントン 住井亨介)

■「ずっとわびしい内容」

 5月8日付のニューヨーク・タイムズは、入手した内国歳入庁(IRS)の納税記録の写しを基に、トランプ氏が1985~94年の10年間に、事業で計11億7000万ドル(約1277億円)の損失を出したと伝えた。当時の個人納税者としては最大規模で、8年間にわたって納税が免除されていたという。

 特に損失が大きかったのは90、91年で、それぞれ2億5000万ドル超の赤字を計上し、94年には累積損失が9億1850万ドルに上っていた。10年間で最も少なかった87年でも、450万ドルの累積損失があった。

 同紙が紹介しているところによると、86年にはトランプタワーやカジノなどの権利を共同出資者から買い取るなどして6870万ドルの損失を出したほか、89年に3億6500万ドルで買い取ったシャトル航空便の事業は利益を出さずに終わった。

 同紙は、成功談を誇示するトランプ氏が事業の不振を不況のせいにしていたとしたうえで、「納税情報は、彼の取引能力、財務状況が(主張よりも)ずっとわびしいことを示している」と表現した。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ