PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】長崎新幹線、想定外の「単線フル規格案」浮上

フル規格の九州新幹線の新800系(JR九州提供)
フル規格の九州新幹線の新800系(JR九州提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 令和4(2022)年度に暫定開業を目指す長崎新幹線(九州新幹線西九州ルート)をめぐり、整備方式が棚上げされている新鳥栖駅(佐賀県鳥栖市)と武雄温泉駅(佐賀県武雄市)間について、国土交通省が新たに提案した「単線によるフル規格整備案」が波紋を広げている。単線フル規格案は、従来の新幹線で採用されたことがなく、費用が高額なことから地元自治体が反発。今後の整備方針を話し合う与党検討委員会(PT)は、6月には方式を決定したいとしているが、JR九州は「複線によるフル規格」を求めており、決着の行方に注目が集まっている。

 長崎新幹線は、博多駅(福岡市)と長崎駅(長崎市)を結ぶ約143キロのルートだ。博多から新鳥栖駅は、九州新幹線の鹿児島ルートと共通するため、現在営業している新幹線と同じフル規格となる。また、長崎駅~武雄温泉駅間の66キロについても、フル規格で整備が進められており、4年度にはこの区間が開業する予定。

 今回問題となっているのが、新鳥栖駅~武雄温泉駅間の約50キロだ。長崎新幹線は、レールの幅にあわせて車輪の間隔を変えることができるフリーゲージトレイン(FGT)の導入を前提にして、平成24年6月に認可された。新鳥栖駅~武雄温泉駅は、新幹線の車輪の間隔を狭めて在来線の長崎本線を走行。武雄温泉駅~長崎駅は、フル規格に合うように車輪間隔を広げて走行する計画だった。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ