PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】早くも合格点の矢野采配…試合に全神経集中せよ

若手の活躍で球団首脳から高評価を得ている阪神の矢野監督=5月17日、阪神甲子園球場(加藤孝規撮影)
若手の活躍で球団首脳から高評価を得ている阪神の矢野監督=5月17日、阪神甲子園球場(加藤孝規撮影)

 矢野監督の手腕は合格点-。阪神球団首脳が矢野燿大(あきひろ)新監督(50)のベンチワークに高い評価を下していることが明らかになりました。開幕42試合消化時点で21勝19敗2分けの同率3位。開幕前はBクラス予想が大半を占めた中で、打ではルーキーの近本、木浪らを積極起用し、投でも青柳、守屋ら“新戦力”を発掘。自らのパフォーマンスでムードを盛り上げて若手のプレッシャーを軽減するなど新監督の手腕が躍進の原動力とみているのです。ただし、まだ残りは100試合…。新監督は周囲の評価を気にせず采配に集中してほしいですね。

 ■阪神の優勝予想はレジェンドのあの人だけ

 歴史的な連勝-なんて表現までスポーツ新聞はしていました。14日からの敵地・東京ドームでの巨人戦は1戦目が終盤の逆転勝利。2戦目はエース菅野をボコボコに打って大勝。開幕から巨人戦に6連敗していた阪神が全ての鬱憤を晴らすかのように痛快な連勝を飾ったのです。

 勢いに乗って本拠地・甲子園球場で広島をやっつける…と思っていたら初戦は2-10の大敗。ダメだと思ったら勝ちまくり、これはいけるぞ…と思ったらコテンと負けるのは長く阪神を見ている側とすれば、ある意味で想定内でもあります。何度もこのパターンに翻弄?され続けてきましたからね。なので褒めるタイミングとけなすタイミングが実に難しいチームでもあるのです。褒めると負け続け、けなすと見違えるように勝ち始める。阪神を長く取材していると、褒めるのも、けなすのも一服おいてから…となるのですね(笑)。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ