PR

ニュース プレミアム

【クローズアップ科学】着るだけで心電図や運動量把握 進化する薄型センサー

染谷隆夫・東京大教授らが開発した伸縮性がある電子回路(同教授提供)
染谷隆夫・東京大教授らが開発した伸縮性がある電子回路(同教授提供)

 身に着けて心臓や体の動きなどを計測できるセンサーが活躍の場を広げている。身体のデータを日常的に集めることで、健康管理や医療、スポーツに役立つと期待が高まっている。

 心電図などの身体情報を集めるためには、専門家による検査が必要なことが多い。病院だと緊張で血圧が高くなることがあるように、日常とかけ離れた環境では本来の情報を得にくい問題もある。計測機器が大きく、多くの電極やコードを装着する負担もあった。

 こうした課題を背景に、普段の生活をしながら、身に着けるだけでストレスを感じずに計測できるセンサーが求められている。

 東京大の染谷(そめや)隆夫教授は、柔らかくて薄く、伸び縮みするセンサーを研究している。ゴムに銀の細かな粒を混ぜ、電気を通す新素材を開発。インクのように使うことができ、布地の上に直接、電子回路を印刷して作れる。衣類にセンサーを印刷すれば、着るだけで体の情報を検出できる。

 こうした研究成果を生かそうと大学発ベンチャーを設立。加速度などを測定できるセンサーで体の動きを把握してゴルフのフォーム改善につなげるウエアや、体表面の温度を計って快適な睡眠環境を作る寝具などを開発中だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ