PR

ニュース プレミアム

【コリア実況中継!】大統領への質問「無礼だ」 韓国公営放送に非難殺到 背景に“マスゴミ”不信

5月9日、韓国・文在寅大統領就任2周年を前にKBSが放映した文氏の単独インタビュー番組。険しい表情を浮かべる聞き手の女性記者に対し「態度が無礼だ」として視聴者から苦情が殺到した(KBSの公式ユーチューブから)
5月9日、韓国・文在寅大統領就任2周年を前にKBSが放映した文氏の単独インタビュー番組。険しい表情を浮かべる聞き手の女性記者に対し「態度が無礼だ」として視聴者から苦情が殺到した(KBSの公式ユーチューブから)

 「野党から『独裁者』と言われて、どんなお気持ちですか?」。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月10日に就任から2年となるのに合わせ、日本のNHKにあたる韓国公営放送KBSで放映された単独インタビューについて、「無礼な態度で大統領に接した」として視聴者から非難が殺到した。騒動の背景には、前政権時代から強まっていた同放送局に対する国民の根強い不信感も浮かびあがる。(外信部 時吉達也)

■80分間生放送

 「インタビューの内容より、(聞き手の)記者に注目が集まってしまったのは残念」。KBSのヤン・スンドン社長は番組放映後の会見で、そう感想を漏らした。

 問題となったのは9日夜、大統領府内で実施された約80分間のインタビューで、生放送された。インタビュアーを務めたのは、20年以上のキャリアがある国会取材担当の女性記者。文大統領と向き合って座り、政治、外交、経済など国政全般について質問をぶつけた。

 こうした番組出演の方式では、野党議員や識者の横やりに悩まされることなく自身の主張を述べることができる上、生放送で制作側に編集されることもない。大統領側にとってはくみしやすい取材といえ、文大統領は大部分の質問に対し、時間をかけて持論を展開した。

 インタビューに先立つこの日午後、北朝鮮が国連安全保障理事会の決議違反となる短距離弾道ミサイルの発射を強行したことについては、「決議は中長距離ミサイル(の発射禁止)を狙ったものだ。過去に短距離ミサイル発射が問題になったことはない」と発言。関係悪化が懸念される日韓問題についても「歴史問題は韓国政府が作り出したものでは全くない。(中略)日本の政治指導者らが国内政局に利用するため、繰り返し未来志向の(両国関係)発展の障害になっている」と改めて主張し、記者が反論を重ねることもなかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ