PR

ニュース プレミアム

【御朱印巡り】長野・松本 深志神社 受験生に人気の文武両道の神

 御朱印帳には、神社の御朱印のほかに、所在地を示す「信州松本」のほか、「天神」や、梅をかたどった印章も見られる。そういえば、道真は梅を愛し、今で言う地方行政機関の太宰府に左遷された際、愛でていた梅が追っかけてきた「飛び梅」伝説がある。

 受験シーズンになると毎年、参拝する高校生らが増える。遠藤久芳宮司は「建御名方富命には体が丈夫になれる神意があり、道真公は『学問の神様』としての威徳が備わっています」と話す。つまりは文武両道なのである。お宮参りや七五三参りで足を運ぶ参拝者も多いという。(松本浩史)

深志神社 松本市深志3の7の43。電話は0263・32・1214。初穂料は300円。境内には、菅原道真が11歳のとき、初めて五言絶句の詩を詠んだとされる像が建立されている。遠藤久芳宮司は、受験生らに御朱印帳を求められると、「一生懸命に勉強し、元気で立派な人になりますように」との思いを込めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ