PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】存続危機の男子校「顧客満足度アップ」で大改革 興国学園理事長・興国高校校長の草島葉子さん(58)

白を基調にした開放的な雰囲気の校舎で、授業の様子を廊下から見守る草島葉子さん=大阪市天王寺区の興国高校(南雲都撮影)
白を基調にした開放的な雰囲気の校舎で、授業の様子を廊下から見守る草島葉子さん=大阪市天王寺区の興国高校(南雲都撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 大阪の下町にある男子校-そんな汗臭いイメージを覆し、受験生が殺到する人気校がある。大阪市天王寺区の興国高校。京大など国公立大や医学部など理系の難関学部へも多く進学する一方、プロのJリーガー、公務員就職など、多彩な生徒の進路を実現して、その学校経営の手腕が注目されるのが理事長・校長を務める草島葉子さんだ。受験生大幅減の危機も、学校をあげた大改革で乗り切った大阪私学界の“マドンナ”に話を聞いた。(聞き手 編集委員・北村理)

 ■白亜の校舎…母親が来たくなるような場に

 「ヤクザ映画の登場人物の母校としてロケの依頼があったこともある汗臭い男子校」という時代もあった興国高校。ところが実際に訪問すると、かつてのそんなイメージへの“期待”は見事に裏切られた。校舎は白色を基調とし、結婚式場といってもいいおしゃれなデザイン。女性理事長ならではのセンスかというと、そうでもなさそうだ。

 「将来、社会を背負っていく子供たちだからこそ、いつも背筋を伸ばして襟を正していてほしい。そして保護者、特に男の子の発育に影響が大きい母親が足を運びたくなる場でもありたい。また、教員は誰に対してもオープンマインドでいてほしい-。そんな学校からのメッセージです」

 そう話す草島さんの言葉から興国の教育を一言で表現するなら、「生徒も親も教員もお互い成長しあう場づくり」だろう。進学もスポーツも就職も、さまざまな分野で活躍する人材を幅広く輩出する男子校ならではの哲学である。

 そんな教育の成果を目の当たりにしたことがある。昨年末、プロサッカーのJリーグに同校生徒5人が内定し、晴れの会見が開かれた席での出来事だった。

 「3年間、いろいろあったけど、お母さん、本当にありがとう…」。一人の生徒が保護者や仲間の前で号泣した。この言葉は、学校や保護者が一緒になって成長を見守ってきた、3年という長い時間の蓄積を感じさせた。

 そのサッカー部は、全国大会出場経験はないが、過去10年で大学進学者も含め14人がプロ入団したことで知られる。指導者である内野智章監督の教育方針は「勝利より育成」だ。

 草島さんは「人生で壁を乗り越えてきた人を教員に採用します。そういう人が生徒の心に火をつけるのです」という。内野監督もその一人。病気でプロ生活を中断し、夢の続きを興国での教員生活に見いだしたのだった。

(次ページ)少ない大学への進学…経営者の視点で

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ