PR

ニュース プレミアム

【スポーツ異聞】ウッズが東京五輪参戦か どうなる警備や宿泊

マスターズ・トーナメントで、逆転優勝しガッツポーズするタイガー・ウッズ。10月には千葉県で開催される大会に出場する=4月14日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(共同)
マスターズ・トーナメントで、逆転優勝しガッツポーズするタイガー・ウッズ。10月には千葉県で開催される大会に出場する=4月14日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(共同)

 全米のみならず、世界中を感動の渦に巻き込んだ男子ゴルフのメジャー大会、マスターズ・トーナメントでのタイガー・ウッズ(43)=米国=の優勝から約1カ月。来年に迫った東京五輪出場に出場するか否かが注目を集めるようになってきた。

 もともとウッズは昨年9月に「(東京)五輪は2年後だし、自分のレベル、健康を保って、その舞台に立ちたい」と意欲を示していた。最近になって、今年10月に千葉県習志野CCで開催される米ツアー「ZOZO チャンピオンシップ」に、「日本は好きな国の一つ」として、出場する考えをツイッターで正式に明らかにしたことで、俄然(がぜん)、東京五輪出場が現実味を帯びてきた。

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長もウッズのマスターズ優勝後、ツイッターを通じ「次は東京五輪に集中して。東京で会えるのを楽しみにしている」とエールを送っている。

 もっとも五輪のゴルフ競技に出場するためには、2020年6月末時点の五輪ランキングで、米国の選手の中で4番目までにいなければならない。五輪ランクは世界ランキングを基準としてはじき出されるもので、5月12日時点の世界ランクではウッズは6位。米国選手に限れば4番目で、現時点では圏内にいるのだ。

 現実のものとして捉えられるようになったウッズの五輪参戦だが、心配されるのが迎え入れる日本側の対応だ。まず宿泊先。組織委員会などでは東京都中央区晴海に建設される選手村を用意しているが、さすがにウッズクラスのVIPともなると選手村で対応しきれるかが問題だ。

 ホテルに宿泊するにしても、霞ケ関CCがある埼玉県川越市周辺にはホテル数が少なく、ゴルフ関係者ですら、宿泊施設を確保するのに、四苦八苦している状況だ。都心部のホテルから通うにしても、道路の混雑が予想される中、移動の問題が浮上する。

 警備でも大幅な増強が求められそうだ。ゴルフ関係者らは、五輪期間中、連日のギャラリー数を1万人前後と想定しているが、ウッズの組にギャラリーが過度に集中する可能性も出てくる。国内外のメディアもウッズを放っておくはずもなく、相当数の記者やテレビリポーター、解説者が現地入りすることになる。

 実現した場合、もちろん東京五輪への注目度は格段にアップはするが、果たしてどういうことになるのか。「ZOZO チャンピオンシップ」は、開催される場所こそ違えど、“五輪前のテスト大会”的な意味合いも出てきそうだ。(運動部 江目智則)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ