PR

ニュース プレミアム

【中国ウオッチ】「空母打撃群」誇示も 中国経済の減速で開発に遅れ

 中国海軍の「主役」である空母・遼寧は、052D型などのミサイル駆逐艦4隻と054A型フリゲート艦2隻、総合補給艦を従える形で観艦式に登場。その前後には空中警戒管制機KJ500とKJ200、空母艦載機殲(J)15が飛行した。小原氏は「ほんの一部ではあるが空母打撃群のデモンストレーションをしてみせた」と解説する。

 一方、中国国内では17年4月に進水した初の国産空母が公開されるのではとの期待も一部にあったが、今回は見送られた。現在は試験航行を重ねており、戦力としての公開には間に合わなかったもようだ。上海江南造船所では2隻目の国産空母が建造中で、最新鋭の電磁式カタパルト(射出機)を備えているとみられる。

 北京の軍事筋は「中国は空母打撃群を核心とする米国海軍をモデルとして海軍建設を進めている」と説明する一方、「現在の急速な艦艇建造ペースは臨界点を迎えており、今後減速していくだろう」と指摘した。

 その理由としては、巨大な陸軍の維持や空軍の装備の更新、国内の治安維持のために毎年多額の支出が必要になっているとし「海軍建設の財政力は今後も米国の水準には追いつけないだろう」と悲観的だ。さらに、中国が開発を進める原子力空母や、国産空母に導入する電磁式カタパルト、新型の空母艦載機などの最新装備の開発が、予算の制限に伴い予定よりも遅れていると指摘する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ