PR

ニュース プレミアム

【国際情勢分析】台湾総統選、激しさ増す二大政党の候補選び 台北市長は埋没感

4月30日、台北の会合で団結ぶりをアピールする(左から)郭台銘・鴻海精密工業会長、馬英九前総統、韓国瑜高雄市長。来年の台湾総統選に向け、中国国民党の候補者選びも激しさを増している(ロイター)
4月30日、台北の会合で団結ぶりをアピールする(左から)郭台銘・鴻海精密工業会長、馬英九前総統、韓国瑜高雄市長。来年の台湾総統選に向け、中国国民党の候補者選びも激しさを増している(ロイター)

 来年1月の台湾の総統選で、二大政党の党内予備選が混迷を深めている。双方の日程が後ろ倒しとなり、誰が候補者となるのか現状では見通せない。その展開のしわ寄せを受けているのが、無所属での立候補をうかがう台北市の柯文哲(か・ぶんてつ)市長(59)だ。二大政党の対立に嫌気する中間層の支持を受けて出馬する算段だったが、世論の注目は各政党内のいざこざに集まり、その存在は埋没気味だ。

与野党とも後ろ倒し

 与党、民主進歩党は当初、候補決定日を4月17日としていたが、2度の延期で現在は5月末となっている。再選を目指す蔡英文総統(62)に対し、頼清徳前行政院長(59)が突如、予備選出馬を表明したことを受けた措置だ。民進党の予備選は世論調査の結果のみで判断するため、支持率で劣勢に立つ蔡氏陣営が時間稼ぎのため、執行部に候補の決定延期を強く求めた。もともとの日程は「蔡氏への挑戦者がないことを前提に決めたもの」(党所属立法委員)と開き直る声もあるが、延期には異論もある。

 党執行部は「これ以上の延期はない」としているが、蔡氏周辺はさらなる延長か、予備選自体の中止を求めているとされる。

 一方、野党、中国国民党では、前回16年総統選の候補だった朱立倫(しゅ・りつりん)元主席(57)が新北市長を任期満了で退任した昨年12月にいち早く出馬を表明し、5月までの候補者決定を求めていた。

 ただ、自身も出馬の可能性を模索していた呉敦義(ご・とんぎ)主席(71)は「慣例に従う」としてのらりくらりと日程を決めず、現在は7月の党大会で最終決定する方針だけが決まっている。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ