PR

ニュース プレミアム

【プロが指南 就活の極意】 グループディスカッション チームへの貢献考えて

就職活動が本格的にスタートし、企業の合同説明会に大勢の学生が集まった=3月1日、大阪市住之江区のインテックス大阪(前川純一郎撮影)
就職活動が本格的にスタートし、企業の合同説明会に大勢の学生が集まった=3月1日、大阪市住之江区のインテックス大阪(前川純一郎撮影)

 3月に就職活動が解禁され、現在はエントリーシート(ES)提出が一段落したところではないでしょうか。これからは、本格的な採用選考が開始します。具体的にはグループディスカッション(以下、GD)、集団面接、個人面接などです。採用選考の一つであるGDですが、学生から多い質問の多くにGDでの振舞い・対応が挙げられます。そこで、GDのコツをお伝えしたいと思います。

 まず、何よりも大切なのは、「チームの議論を成功に導くために貢献すること」です。この時期になると、先んじてGDを経験している学生が、独断で進行することが多々あります。学生からすると、議論を引っ張る学生はリーダーシップを発揮している印象が強く、企業から評価されると考えてしまうことが多いです。しかし、独断で進行する場合、「自分のことしか考えていない」「周囲への配慮が欠ける」と感じてしまう面接官は多いです。結果として、協調性がないと判断され落ちてしまうことが多々あります。

 GDで大切なことは、ノウハウやテクニックを見せつけることではなく、「どうすればチームに貢献できるか?」ということを考えることです。その点は履き違えないように注意しましょう。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ