PR

ニュース プレミアム

【希少がんと共に生きる】たくましい若きサバイバー 抗がん剤をやめて思うこと

東京マラソンを走り抜き、完走メダルを首にかける内山裕果子さん=3月3日、東京都内(内山さん提供)
東京マラソンを走り抜き、完走メダルを首にかける内山裕果子さん=3月3日、東京都内(内山さん提供)
その他の写真を見る(1/4枚)

 小腸がん(ステージ4)に罹患(りかん)してから3年目を迎えている。2年間続けた抗がん剤の服用を、今年1月からやめた。休薬は、担当医と相談の上、効き目や副作用などを総合的に勘案して決めた。休薬してもなお生き続けるには「絶対生きる」という強い意思が必要だ。そんな折、がんサバイバーの若者たちと接する機会を得た。彼らには「生きる力」がみなぎっていた。

 4月20日に東京・新橋で開かれた若年性がん患者団体「STAND UP!!」によるフリーペーパー第10号のお披露目会。第10号に体験談を寄稿した内山裕果子さん(31)はマイクを握り、こう語った。

 「東京マラソンを完走することができました。直腸がなく排便障害があるので『激しい運動は不安』と自分の中で壁を作っていたのですが、そういう自分を変えたかった。手術をして2年ちょっとで、フルマラソンを走れるくらい元気な人もいる、ということを伝えたいと思い挑戦しました」

 会場は拍手に包まれた。客室乗務員だった内山さんは28歳のとき直腸がん(ステージ3a)が発覚した。手術は7時間におよび、大腸から直腸にかけて約25センチを切除し、まわりのリンパ節も取り除いた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ