PR

ニュース プレミアム

【朝鮮半島を読む】日韓慰安婦合意が違憲に? 憲法裁の構成が変化

 今回、大統領に指名された憲法裁判事の1人は株式のインサイダー取引の疑惑を指摘されていることから野党側は反発。韓国の最大野党で保守系の自由韓国党、羅卿●(=王へんに援の旧字体のつくり)院内代表は4月20日、文政権に対する糾弾大会で「政権が憲法裁判事を思いのままにし、憲法裁判所ではなく『親文在寅裁判所』を作ろうとしている」と非難した。

 韓国の憲法裁は1960年に改正された憲法に、その設置が明示されていたが、61年の軍事クーデターで頓挫。翌62年に改正された憲法で憲法裁は憲法委員会に格下げされ、有名無実化していた。

 民主化運動の末、87年に改正された憲法により、ようやく翌88年設置された国民悲願の司法機関だ。憲法違反に関する判断や弾劾審判、政党解散の審判などを行っている。

 韓国の司法は、軍事独裁政権下で権力の道具と化し、民主主義や国民の基本的権利を守れなかったという負い目がある。一方、民主化闘争によって誕生した憲法裁に対する国民の信頼は厚い。憲法裁は三審制とは別に国民が直接訴願でき、公権力による権利の侵害から自分たちを守ってくれる司法機関とみているからだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ