PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】小さなIT大国エストニアに熱視線 スカイプ発祥、丸紅は拠点づくり

■スカイプ発のベンチャー続々

 ブームに沸くエストニアだが、この国に早くから根を張るのはベンチャー企業だ。同国では、ベンチャー投資や起業家育成を手がけるMistletoe(ミスルトウ)の孫泰蔵社長(ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長の実弟)が現地の技術ベンチャーに投資し、存在感を示してきた。

 なかでも有名なのは、無料通話ソフトの先駆けのスカイプだ。米マイクロソフトによる買収後も「スカイプマフィア」と呼ばれる、スカイプ出身者が、次のベンチャーを育てるという好循環が生まれている。タクシー配車アプリのタクシファイやデリバリーロボットの自動配送サービスのスターシップ・テクノロジーズもスカイプ発ベンチャーだ。

 三井物産が2017年に出資した国際送金システムを手掛ける英トランスファーワイズ(ロンドン)もそのひとつ。「スカイプ」の立ち上げメンバー(ターベット・ヒンリクス氏)らが、英国から母国のエストニアへの国際送金をする際のコスト高に不満を抱き、事業化したサービスだ。

■周辺国にも商機

 海外の企業や投資家のエストニアへの関心は高まる一方だ。電子政府などの取り組みを海外投資家や起業関係者にPRするスペース「e-エストニア」(タリン)には世界中から訪問が相次ぐが、訪問者数は日本が最多という。最近は予約がとれないこともあるほどで、日本企業のエストニア詣でが活発化している。

 注目されるのは、エストニアだけではない。日本貿易振興機構(ジェトロ)は「同じバルト3国のひとつ、リトアニアも近年はブロックチェーンなどの新技術の実験場として注目され、フィンランドもこの10年で変貌した」という。フィンランドは名門だったノキアが米国企業に買収されたのを機に、情報通信技術(ICT)国家に向け巻き返しを図った。スウェーデンも首都ストックホルムを音楽配信のスポティファイをはじめ、ベンチャー集積地にしたい考え。

 ジェトロは今秋にも、エストニアなどバルトや北欧のベンチャーと協業したい企業を集め、現地でのマッチングイベントの開催を計画する。バルト3国や北欧の一部の国は、国内市場が小さいだけに立ち上げ時から海外展開に意欲的なため、日本企業も商機を見いだせそうだ。(経済本部 上原すみ子)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ