PR

ニュース プレミアム

歌姫キム・ヨンジャの「超浮き沈み人生」(上) あの別荘で歌った「イムジン河」

 そして、帰国の日が迫ったとき、極秘連絡が入り、ヨンジャ一行は目的地も知らされないまま、特別列車に乗せられる。着いた先は金総書記の別荘。特別にしつらえられたステージの最前列の机に、金総書記の姿があった。

 「怖い人かと思っていたら、ごく普通のおじさんでした(苦笑)。私の歌をずっと前からテープで聴いていたと、とても喜んでくださり、『わが国(北朝鮮)の歌を世界へ広めてほしい』と頼まれましたよ」

サッカーのW杯日韓大会に際してインタビューを受けるキム・ヨンジャさん=2002年
サッカーのW杯日韓大会に際してインタビューを受けるキム・ヨンジャさん=2002年
その他の写真を見る(3/3枚)

 大好評だった訪朝公演は翌年も行われたが、直後に事態は暗転する。14年9月に小泉純一郎首相(当時)が訪朝、金総書記は日本人拉致を認めて謝罪した。だが、北側の誠意のない対応によって、日朝関係は悪化。翌年以降のヨンジャの訪朝公演も中止を余儀なくされてしまう。「歌は国境を越える」と言い続けてきたヨンジャには後味の悪い結末だった。(文化部 喜多由浩)=つづく

 キム・ヨンジャ(金蓮子) 1959年、韓国全羅南道出身。81年、韓国で『歌の花束』が大ヒット。1980年代後半以降、日本をベースに活躍。2009年以降は、再び韓国に戻り、一昨年から『アモール・ファティ』が大ヒット、再ブレークを果たした。

 日本語の歌詞を組み込んだ『アモール・ファティ』や『朝の国から』を収録した30周年記念アルバムCD『キム・ヨンジャ ベストレパートリーズ』(日本クラウン)を発売中。

 キム・ヨンジャ デビュー30周年コンサートは、6月25日(火)午後2時と同6時からの2回公演で、川崎市の「カルッツかわさき」で。問い合わせは045・243・9999サウンドポートへ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ