PR

ニュース プレミアム

【プロが指南 就活の極意】“内定”のために企業に合わせることも必要

就活生にとって暑い季節が始まった
就活生にとって暑い季節が始まった

 「希望の業界・企業から内定をもらいたい」。これは就活生の誰もが思うことです。

 採用面接など選考解禁となる6月を間近に控え、面接の日程が徐々に埋まってきているのではないでしょうか。既に面接を受け、内定を獲得している就活生もいるかと思いますが、ほとんどの就活生はこれからが面接本番になります。これからの重要な選考を控える皆さんに、就職活動を終えた先輩たちが「就活で学んだこと」を一部ご紹介します。

■ありのままの自分を受け入れてくれる会社は少ない

 「就職活動は本当の自分で勝負しろ」。こんな言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。私も本音では、ありのままの自分を企業に伝えてほしいと思うのですが、残念ながらありのままの自分をアピールして評価してもらえる就活生が全てではありません。

 これまでに多くの就活生や就活経験者の方と接してきましたが、多くは「内定を取るためには多少は企業に合わせることが大切だということを学んだ」「素を出して内定を獲得する学生もいるが、そんな人は何かの活動で輝かしい実績を残した人だけ」という発言をしています。

 企業が行う採用活動はボランティアではありません。自社にとってメリットがあるかどうかで判断してきます。そのため、前もって企業が欲しい人材を決めて採用活動を行っています。自分に合った企業探しをするなら、ありのままの自分で勝負してほしいと思いますが、そうでないのなら、内定を取るためにある程度、企業に合わせることが必要となります。

■コミュニケーション能力が高い=話がうまいではない

 話がうまい、話が面白い、これは大きな武器だと思いますし、一見「コミュニケーション能力が高い」と捉えられることが多いです。しかし、学生から「個人面接で自身が一方的に話してしまい、落ちてしまったことがある」という話はよく聞きます。

 私はコミュニケーション能力とは「相手の気持ちを考えて発言すること」「相手の話を良く聞き、質問された際にはその質問の意図を考えて回答すること」だと考えています。つまり、自分が話したいことを話すだけでは、コミュニケーション能力が高いとはいえないということです。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ