PR

ニュース プレミアム

【政界徒然草】参院選で雪辱期す政府・与党 12年前の呪縛は解けるか

衆院補選で落選が決まり、頭を下げる自民党公認候補の沖縄3区の島尻安伊子氏(左)と大阪12区の北川晋平氏=21日夜
衆院補選で落選が決まり、頭を下げる自民党公認候補の沖縄3区の島尻安伊子氏(左)と大阪12区の北川晋平氏=21日夜
その他の写真を見る(1/5枚)

 夏の参院選の前哨戦とされる衆院大阪12区、沖縄3区両補欠選挙(21日投開票)で、自民党の公認候補が相次ぎ敗れた。補選で自民党が候補を立てて敗れたのは平成21年10月以来、9年半ぶりということもあり、政府・与党内では、夏に控える参院選が第1次安倍晋三政権下で大敗した19年選挙の二の舞になるのではないかとの不安も高まっている。安倍首相は呪縛を解き、雪辱を期すことができるか。

与党、補選連敗「織り込み済み」

 「自民党として一人一人が今回の選挙結果を胸に刻みつけ、今一度しっかりと身を引き締めなければならない。地域の声に耳を傾けながら、政策に生かすという原点に立ち返り、参院選の必勝を期したい」

 安倍首相は補選の投開票から一夜明けた22日、官邸で記者団にこう述べた。

 首相は選挙戦最終盤の20日に大阪入りし、大阪12区の四條畷(しじょうなわて)、大東、寝屋川の3市でそれぞれ演説し、公認候補への支持を訴えた。首相が衆院の1選挙区で3カ所もマイクを握るのは異例だ。結局公認候補は、当選した日本維新の会候補と約1万3000票差の次点に終わった。

 敗戦にもかかわらず、自民党幹部らの責任を追及する声が公然と出てこないのはなぜか。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ