PR

ニュース プレミアム

サイクリングは尾道から JRが新駅舎全額負担で拠点化狙う

3月10日に開業した尾道駅新駅舎
3月10日に開業した尾道駅新駅舎
その他の写真を見る(1/7枚)

 3月10日に開業したJR山陽線尾道駅(広島県尾道市)の新駅舎は、大阪や京都といった大規模ターミナル駅以外では初めて、JR西日本の全額負担(総工費約17億円)で建て替えられた。歴史的な町並みが残り、「サイクリストの聖地」として知られるしまなみ海道の本州側出発地でもある尾道には近年、外国人を含む観光客が増えており、同社は新装・尾道駅を「瀬戸内エリアの観光拠点」と位置づける。駅舎内のテナントもその期待にふさわしい店舗が並び、「尾道の旅」を楽しむさまざまな趣向が凝らされている。もうすぐゴールデンウイーク(GW)。新駅舎は観光地・尾道の新たな名所となりそうだ。

明治の木造駅舎を踏襲

 3月10日の開業セレモニーにはJR西日本の来島達夫社長も出席し、「120年以上の歴史を持つ先代の木造駅舎のイメージを踏襲した風情のある駅舎で、瀬戸内全体をつなぐ拠点を目指す」と意気込みを述べた。

 JR駅舎の建て替えは地元自治体などが費用の一部を負担するケースが多いが、同駅はJRの全額負担で、瀬戸内方面での新たな集客拠点として力の入れようが伝わってくる。

 新駅舎は鉄骨2階建て。木造平屋で瓦屋根などが特徴的だった明治24年の初代駅舎のデザインを踏襲し、尾道の町並みに溶け込む配慮がされている。延べ床面積約2150平方メートルのうち、半分以上の約1200平方メートルを商業施設部分が占める。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ