PR

ニュース プレミアム

【TVクリップ】二階堂ふみ「ストロベリーナイト・サーガ」 初挑戦の刑事役「柔軟に」

二階堂ふみさん(佐藤徳昭撮影)
二階堂ふみさん(佐藤徳昭撮影)

 「自分の力量が試され、挑戦になる作品だと思います」。演じるのはノンキャリアでありながら27歳で警部補に昇任した警視庁捜査1課殺人犯捜査第10係主任の姫川玲子。初となる連続ドラマでの主演、そして刑事役に表情を引き締める。

 原作は誉田(ほんだ)哲也の小説「姫川玲子シリーズ」で、過去に竹内結子主演でドラマ・映画化されてきた。今作は青い仮面の殺人鬼を追う「ブルーマーダー」といった初映像化エピソードなどで構成。「ファンも多く、前作を全うした方々には敬意の気持ちしかありませんが、また違う面白さや魅力を伝えることができたら」

 捜査1課唯一の女性班長として、直感と飛躍した思考、行動力を武器に“姫川班”を率いる姫川について、「たくさんの女性がプライドを持ってお仕事をされていると思いますが、そういった方々にすごく響くキャラクター」と分析して役に臨んでいる。

 これまで出演してきた30本近い映画では作品ごとに全く異なる役柄を見事なまでに演じ分けてきた実力派だ。「ドラマは放送中も撮影しているので、いろいろな意見を頂くところから自分もどんどん柔軟に変化していけるようにと思ってます」

 ダブル主演で姫川を献身的に支える巡査部長の菊田和男を演じる亀梨和也とは初共演だが、「現場で『キクリン』と呼ばせていただき和気藹々(あいあい)とした雰囲気」という。

 一方、姫川の天敵で捜査1課殺人犯捜査第5係主任の勝俣健作を演じる江口洋介との縁は深い。「この業界に入って初めてのCMが江口さんの娘役だったんです」。12年前に出演した住宅メーカーのCMだ。頑固一徹にちなむ“ガンテツ”が通り名のクセ者刑事である勝俣。「現場でご一緒すると本当に『姫川対ガンテツ』という空気感が部屋いっぱいに広がるんです、一瞬で。自分も負けたくないみたいな気持ちにどこかさせられる。きっと自分の中の引き出しを開けてくださってるんだろうなという感覚はあります」

 今作の放送中には元号が平成から令和へと代わる。新しい時代に向けて抱く自身の女優像は-。「惑わされない筋の一本通った人間でありたい。言葉であったりイメージであったりが先行しやすい今、応援してくださる方々に寄り添えるような柔らかい表現者になっていきたい」。異彩を放ってきた演技力にさらなる磨きがかかりそうだ。 (文化部 大塚創造)

 にかいどう・ふみ 平成6年、沖縄県出身。21年の「ガマの油」で映画デビュー。23年に「劇場版神聖かまってちゃんロックンロールは鳴り止まないっ」で映画初主演し、「ヒミズ」でベネチア国際映画祭の最優秀新人俳優賞に当たるマルチェロ・マストロヤンニ賞を日本人として初めて受賞した。今年2月公開の映画「翔んで埼玉」でも主演している。自宅で飼う2匹の犬が「何よりも今、大事な存在」。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ