PR

ニュース プレミアム

【駅メロものがたり】JR一ノ関駅「夕暮れ時はさびしそう」NSP 一関高専と地域振興

JR一ノ関駅の駅舎=岩手県一関市(藤沢志穂子撮影)
JR一ノ関駅の駅舎=岩手県一関市(藤沢志穂子撮影)
その他の写真を見る(1/8枚)

 JR一ノ関駅は、地元にある一関工業高等専門学校で結成されたフォークグループ「N.S.P」の昭和49年のヒット曲「夕暮れ時はさびしそう」を、3月20日から東北新幹線ホームの発車メロディーに採用した。初日は早朝から、往年の女性ファンらが駅に集まり「復活」を懐かしんだ。元メンバーの平賀和人さん(65)は、「ぼくらを覚えていてくれたことがうれしい」と話す。駅メロには、高専に地域振興を託す思いも込められている。

 N.S.P(ニュー・サディスティック・ピンク)は一関高専で出会った平賀さん、故・天野滋さん、中村貴之(65)さんら同級生3人のグループ。当時、プロの音楽家への登竜門だったヤマハのポピュラーソングコンテストでの受賞をきっかけに、在学中の48年にデビューした。

 「夕暮れ時-」は、がんで平成17年に52歳で亡くなった天野さんの作詞作曲。一関市内を流れる磐井川の河川敷のベンチで、恋人と待ち合わせをしていた際の心象風景をつづっている。3人が高専を卒業して上京、本格的に音楽の道を志した時期に4枚目のシングルとして発表され、音楽チャートで11位まで上がる、グループ最大のヒット曲となった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ