PR

ニュース プレミアム

【World面白】GW10連休…世界を食べ年730万円もらう旅、いかが?

 仕事は週35時間で、年間28日の休暇もある。ただし、応募するには、食品業界、もしくはシェフとして少なくとも3年間の経験がなければならないが、自身がビーガンである必要はないという。受験者に対しては過去の職歴や経歴などを調査。さらに、美味しい食材を正しく評価できるかについての味覚テストもあるという。

 同社は「味覚のディレクター」について「われわれは、エキサイティングで新しく、革新的なレシピを英国で広めるため、優れた味覚を持つ経験豊富な個人を『味覚のディレクター』として求めています」と説明。

 同社の創業者イエイン・バーク-ハミルトン氏は、米金融経済系ニュースサイト、ビジネスインサイダーに「われわれは、常に(「味覚のディレクター」のような)新たな才能を探し求めている。なぜなら、そうした人々が会社を成功させると固く信じているからだ」と明言。

 そして「非常にユニークで、やりがいのある仕事であり、(給与といった)待遇面も非常に優遇されているが、非常に厳しい仕事であると認識しています」と話している。興味のある方は、同社のサイト( https://vibrantvegan.co.uk/job-application )にアクセスを。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ