PR

ニュース プレミアム

大阪・西成中華街構想に暗雲?中国人の不法残留の実態

中国人の女が経営していたカラオケ居酒屋=大阪市西成区
中国人の女が経営していたカラオケ居酒屋=大阪市西成区
その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪府警は3月、入管難民法違反容疑で50代の中国人姉妹を逮捕した。姉妹は強制送還などの過去があり、日本に入国できないはずが、別人になりすまして密入国していた。一人は大阪・西成でカラオケ居酒屋を営み、10年以上暮らしていた。この地域は、“新中華街”構想が出ている地域。その計画に影響もあるかもしれない。

西成でカラオケ居酒屋

 「日本で働きたかった」

 今年3月5日、入管難民法違反(不法入国、不法在留)容疑で逮捕された中国籍の姉妹は、府警の調べにこう述べたという。

 逮捕されたのは、七人きょうだいの三女でカラオケ居酒屋経営、郭小英(56)=グオ・シャオイン、大阪市西成区=と、五女で中国式エステ店経営、郭●云(50)=グオ・フォンユン、●は風がまえに又、愛知県豊田市=の両容疑者。

 姉のシャオイン容疑者は平成19年10月、長女になりすまして関西国際空港から入国し、今年2月まで不法に在留したとされる。日本への思いは尋常ではなかったという。

 府警によると、シャオイン容疑者は平成12年に何らかの理由で日本に密入国するも、間もなく発覚し、一度中国に強制送還された。

 いったん、強制送還されれば再び日本に入るには難しい。そこで目を付けたのが、実の姉である長女になりすます計画だった。

 18年3月に長女の名義で再び入国すると、長女になりすましたまま日本人の男性と結婚し、日本人配偶者の立場を得た。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ